手足口ワクチンは注射ではなく霊ではない-w-inds.

手足口ワクチンは注射を注射することではない。最近、北京では手足口病のワクチンが全面的に採用されている。手足口病といえば,多くの親が心配しているが,このような防ぐ病気は子供を苦痛にする。手足口ワクチンの起動に向けて、保護者たちは「ワクチンを打っていると、子供は手足の口を出さないのではないか」と関心を寄せている。手足口病の病原体と多様な北京医学薬大学付属西洋医学が病院の小児科長の元主任によると、国内で上場する手足口病のワクチンは、厳しい手足口病を予防するワクチンであり、6月には3歳になるのがやすい者に適している。これによると、手足口病の病原体が多様であることから、コンタクト感染が存在しているため、手足口病の伝播ルートが多様であり、ワクチンの予防措置に対して性が限られていない、従い性差、効果的な評価、治療に効果的な特異性薬が不足し、手足の口病の予防は特に困難である。それは、手足口病の重症や死亡例の主要な病原体であり、中枢神経系の感染を引き起こすことができる。我が国では、毎年、長い間で発生した重症と軽症の手足口病による費用(直接医療費と間接費)は、それぞれ1.8億元と10億ドル- 20億元である。でも、専門家によると、手足口病の腸内ウイルスがにじゅう多種、当面の手足口病ワクチン予防EV71しかないからEV71ウイルス感染による手足口病など、他の腸内ウイルス感染予防できないための手足口病。北京市代表免疫予防所所長は取材を受けた際にも、現段階では、第2種類のワクチンの形式で応用を普及させ、「知る、自発的、自費」の原則に従って接種することを指摘している。6ヶ月から3歳にかけての適齢期の子供たちのワクチン接種ができます。しかし、他のワクチンと同様に、種類のワクチンを接種するのは100 %の保護効果がありません。また、病気の専門家によると、年々インフルエンザのワクチンが必要とされていないので、手足の口病を引き起こしたブランド型ウイルスが安定しているため、手足口ワクチンは毎年打つ必要がないと紹介しています。三期による臨床研究対象の追跡を観察し、手足口病ワクチン接種EV71型二年後、臨床保護効力は依然として高いレベルで維持。では、手足口病の子供は、まだワクチンを打つ必要がありますか?これに対して、张思莱指摘した場合、既往の手足口病には、EV71ウイルスによって、もはや必要EV71ワクチン接種。もし所患手足口病は、他の腸内ウイルスによって、あるいはない病因学診断の結果、EV71ワクチン接種。手足口ワクチンは早めに接種するほど良いと注意して、12月の年齢の前に接種するプログラムを完成することを励まします。歳以上の子供についてご推薦EV71ワクチン接種ないので、ご歳以上の子供はすでにある程度の抗体。ワクチンの接種と日常の防護は両手で子供を捕まえてワクチンを接種して、手足の口に対して抗体があって、手足の口を恐れたのではありませんか?これに対して、手足口ワクチンの接種や日常的な防護は、子どもの手足を予防することが重要だと指摘している。彼女は、既存の手足口ワクチンEV71ウイルスに対してのみではなく、予防の各種のタイプの手足の口から、親は子供を強化が必要と日常防護。手足口病を予防するには、まず手足口病が流行している間、人の集まり、空気の流通の差がある公共の場所(病院が交差している重い被災地)であり、特に、他に熱があるという子供との接触を避け、感染した機会を減らすことができます。次に子供の良い衛生習慣や飲食習慣を身につけます。食事の前に、外出後は石鹸と手洗いでしっかり手を洗いましょう。子供に生水を飲ませてはいけなくて、冷たい食べ物を食べて、残飯を食べないで、残りの料理を食べさせないでください。子供の栄養の合理的な組み合わせに注意して、子供に休ませて、適当に太陽を干して、自身の免疫力を高めます。同時に家庭衛生に注意しなければならなくて、ルームはいつも風を通して換気をして、1日2回、毎回30分。家庭のメンバーすべての衣を洗って、特に子供の衣。速やかに整理する冷蔵庫、冷蔵庫の物品分袋を置く。哺乳母はまめに入浴して、まめに着替え、授乳前乳首と手を洗う。乳幼児が使っている哺乳瓶、おしゃぶりは前後に十分に洗い、消毒を行います。接触児童前、代わり乳幼児おむつ替え、処理後は手を洗う糞便を適切に処理し、汚れ。ID:新浪育児xinlangyuer育ての道、初心忘るべからずクリック「読み原文」享プレミア親子活動!

手足口疫苗并非一针就灵-搜狐健康   近日,北京已经全面启用手足口病疫苗(EV71),并将覆盖550多家接诊门诊。提起手足口病,很多家长都心有余悸,这种防不胜防的传染性疾病让孩子十分痛苦。面对手足口疫苗启动的消息,家长们更为关心:打了疫苗,孩子就不会再得手足口了吗?   手足口病病原体多样   北京中医药大学附属中西医结合医院儿科原主任张思莱指出,目前国内上市的手足口病疫苗即EV71是预防重症手足口病的疫苗,适合6月龄到3岁EV71易感者。   据介绍,由于导致手足口病的病原体多样,且有隐性感染存在,再加之手足口病传播途径多样,非疫苗预防措施针对性有限、依从性差、效果难评估,治疗上缺乏有效的特异性药物,手足口病的防控显得尤为困难。而EV71是导致手足口病重症和死亡病例的主要病原体,可以引起中枢神经系统感染。我国每年由EV71感染发病所致重症和轻症的手足口病病例费用(直接医疗费用和间接费用)分别为1.8亿元和10亿-20亿元。   不过,专家也表示,引起手足口病的肠道病毒有20多种,当前的手足口病EV71疫苗只能预防由EV71病毒感染所致的手足口病等,不能预防其他肠道病毒感染所致的手足口病。   北京市疾控中心免疫预防所所长吴疆在接受采访时也指出,现阶段EV71疫苗以第二类疫苗的形式推广应用,按照“知情、自愿、自费”原则选择接种。6个月到3周岁的适龄儿童可以接种EV71疫苗。不过,同其他疫苗一样,接种EV71疫苗不一定产生百分之百的保护效果。   此外,疾控专家介绍,不同于需要年年打的流感疫苗,引起手足口病的EV71型病毒比较稳定,因此手足口疫苗不需要年年都打。根据对三期临床研究对象的跟踪观察,在接种EV71型手足口病疫苗两年后,临床保护效力仍然维持在较高水平。   那么,已经得过手足口病的孩子,还需要打疫苗吗?对此,张思莱指出,如果既往的手足口病明确是由EV71病毒引起的,无需再接种EV71疫苗。如果所患手足口病是由其他肠道病毒引起的,或者无病原学诊断结果的,可以接种EV71疫苗。   张思莱提醒,手足口疫苗越早接种越好,鼓励在12月龄前完成接种程序。对于5岁以上儿童,不推荐接种EV71疫苗,因为5岁以上的孩子已经具备一定的抗体。   接种疫苗与日常防护两手抓   孩子接种了疫苗,对手足口有了抗体,是不是就不怕手足口了?对此张思莱指出,接种手足口疫苗和日常做好防护,对于预防孩子传染手足口是同样重要的。   她指出,由于现有的手足口疫苗只针对EV71病毒,并不能预防各种类型的手足口,因此家长仍需对孩子日常加强防护。   要预防手足口病,首先在手足口病流行期间不宜带儿童到人群聚集、空气流通差的公共场 所(医院是交叉感染的重灾区),特别是避免与其他有发热、出疹性疾病的儿童接触,减少被感染的机会。   其次要养成孩子良好的卫生习惯和饮食习惯:饭前便后、外出后要用肥皂和洗手液认真洗手。不要让孩子喝生水,吃生冷食物,不要吃剩饭、剩菜。注意孩子营养合理搭配,让孩子休息好,适当晒太阳,增强自身免疫力。   同时要注意家庭卫生,居室要经常通风换气,最好每天2次,每次30分钟。要勤洗、勤晾(晒)家庭成员所有衣被,尤其是孩子的衣被。及时清理冰箱,冰箱物品分袋放置。哺乳母亲要勤洗澡、勤换衣服、喂奶前要清洗奶头和双手。婴幼儿使用的奶瓶、奶嘴使用前后要充分清洗,进行消毒。接触儿童前、替婴幼儿更换尿布、处理粪便后均要洗手,并妥善处理污物。                                          新浪育儿   ID:xinlangyuer   养育之道,勿忘初心   点击“阅读原文”   享超值亲子活动!相关的主题文章: