反スポーツ仲裁法廷がロシア34パラリンピック選手の控訴を受理する-jodie foster

グローバルスポーツ仲裁裁判所は、ロシアのパラリンピック選手34人が国際障害者オリンピック委員会(李安)の上告を受けていた。裁判所に参加しスイス却下ロシアパラリンピックの控訴テンセントスポーツきゅう、く月いち日ロシアから『タス通信」によると、国際スポーツ仲裁裁判(CAS登録)は受け34名ロシアパラリンピック選手は国際オリンピック委員会(IPC障害者)の控訴。今年は、ご月発表のマクラーレンの報告によって、ロシアパラリンピック代表団今年無縁Rioパラリンピック。8月23日、国際スポーツ仲裁裁判所はロシアパラリンピックのリオパラリンピックに参加禁止された上告を却下し、ロシア代表団は徹底的にパラリンピックに参加することに縁がないと発表した。裁判官たちは、国際オリンピック委員会が2週間前にしたロシア参加禁止のリオパラリンピックの決定はプログラムルールに違反していないとして、ロシアの上告は却下された。スイス連邦裁判所にはち月31日対外表示、却下ロシア要求参加Rioパラリンピックの控訴。国際オリンピック委員会は8月初め、ロシアパラリンピックによる「世界反覚醒剤条例」と国際パラリンピックの反覚醒剤の規定について、ロシア代表団がリオパラリンピックに参加することを禁止したと発表した。事件は今日、ロシアの有名なスポーツ弁護士が「通信社」によると、ロシアのパラリンピックの選手34人が国際障害者オリンピック委員会の上告書に対して、国際体育の仲裁裁判所に正式に受け入れられたということです。“34名のロシアのパラリンピックの選手の訴訟書はすでに仲裁裁判所に送って、私達はすでに郵便局から送ってきた領収書を受け取りました。」自慢話。現在、ロシアのパラリンピックを超える選手はすでに個人ルートを通じて、国際オリンピック委員会にリオパラリンピックに参加することを申請しました。(冬の小麦)

风云突变 体育仲裁法庭受理俄34残奥选手上诉 [摘要]来自俄罗斯《塔斯社》消息,国际体育仲裁法庭(CAS)已经接受34名俄罗斯残奥运动员对国际残疾人奥林匹克委员会(IPC)的上诉。 瑞士法院驳回俄罗斯要求参加残奥会的上诉 腾讯体育9月1日 来自俄罗斯《塔斯社》消息,国际体育仲裁法庭(CAS)已经接受34名俄罗斯残奥运动员对国际残疾人奥林匹克委员会(IPC)的上诉。由于今年5月出炉的迈凯 伦报告,导致俄罗斯残奥代表团今年无缘里约残奥会。8月23日,国际体育仲裁法庭宣布驳回俄罗斯残奥委会对其被禁止参加里约残奥会的上诉,俄代表团彻底无缘参加残奥会。法官们认为,国际残奥委会两周前所做的禁止俄罗斯参加里约残奥会的决定没有违反程序规则,俄方上诉被驳回。瑞士联邦法院在8月31日对外表示,驳回俄罗斯要求参加里约残奥会的上诉。国际残奥委会8月初宣布因俄罗斯残奥委会无法保证严格执行《世界反兴奋剂条例》和国际残奥委会相关反兴奋剂规定,禁止俄罗斯代表团参加里约残奥会。事情在今天出现转机,据俄罗斯著名的体育律师阿尔乔姆向《塔斯社》透露,34名俄罗斯残奥运动员对国际残疾人奥林匹克委员会的上诉书,已经被国际体育仲裁法庭正式接受。“34名俄罗斯残奥运动员的诉讼书已经送到仲裁法庭,我们已经收到从邮局发来的回执单。”阿尔乔姆表示。目前,超过百名俄罗斯残奥运动员已通过个人渠道、向国际残奥委会申请参加里约残奥会。(冬小麦)相关的主题文章: