リオパラリンピックの大幕が一斉に聖火を開けて仮想方式に火をつける。-boee

リオパラリンピックの大幕が一斉に聖火を開けて仮想方式に火をつけることになります-中新ネットは9月7日のニュース(記者のP)によると、中国の声「ニュース縦横」によると、二十四時間も経っていないと、リオパラリンピックの幕が馬の上にあります。十数日前、リオオリンピックの生活が消えて、あと1日を過ぎて、パラリンピックの聖火はこの有名なコートに火をつけます。始まる大会について、リオの準備はできましたか?国外の最大規模の中国代表団を派遣して今準備する状況はどうですか?リオパラリンピックの開幕式は、リオの現地時間7日午後6時45分、つまり北京時間8日午前5時45分から、開幕式が現地時間の夜9時まで続いていることが明らかになった。グループによる監督によると、開幕式選手入場コーナーは、演技からじゅうはち分後に行われ、選手のためにも見られる多くの開会式のパフォーマンス。開会式といえば、みんな注目の時にほかならない二つあり、パフォーマンス、文芸演出、もう一つは一体どのように点火されトーチ。リオオリンピックの開幕式では、ブラジルのスーパーマーケット・スーパーマーケットのショーの1段は美しい世界で、間もなく始まったパラリンピックの開会式の上で、1人の女の子があって、4~5分のブラジルの要素を融合させる現代ダンスのパフォーマンスを行う。しかし、この女の子は障害者である。彼女はテニスを着て演技をする。じゅうく歳の時、パーキン迪を失ったひざ以下の部位はプロの単板滑走選手彼女。また、彼女の身分や俳優、作家、演説者、さらには一人の服のデザイナー。監督グループは、身体障害者の努力と積極的な精神をよく説明した。パラリンピックの聖火はろく日前、つまりきゅう、く月いち日ブラジル首都ブラジリア点火。特に皆さんにお伝えしたいのは、今回のパラリンピックの聖火点火仮想方式を通じて、全世界はすべて社交メディアを通じて、1つのウェブサイトの上で積極的な情報を送信し、このような方式で熱が増え、熱量は蓄積が一定の程度まで時、聖火台が点火。主催者によると、このアイデアは聖火が人間の心の熱で火をつけることを象徴しているという。点火後で、聖火リレーでブラジルの5つの都市、開会式でのメイントーチが集まった5都市の聖火共同点火。どのように至って共同点火し、明日答えが発表。パラリンピック十日間の大会には、あわせて250万枚のチケットを販売した現在、たぶん60%。その中のいくつかのプロジェクトの決勝の入場券はすでに売り切れています。組織委員会の報道官は、ブラジル人が入場券を購入するという考えが変わっています。最初は、パラリンピックのチケットを買いたいと思っていましたが、実はオリンピックが終わってから、オリンピック公園に行ってみて、遊びたいと思います。今みんなはパラリンピックの選手と特定プロジェクトにもっと気になって、試合を見に行く切符の主な原因。また、安全保障も注目の焦点となっている。中央区はリオの西南方向で、リオの郊外であるが、金持ちが集まる場所で、ここは都心から遠く離れ、スラム街も少なく、街の街頭には警察やランプのパトカーがあり、他のセキュリティ要員がいて、非常に安全である。今回の南米で行われたパラリンピックは、中国が海外で参加したパラリンピックの歴史上最大規模の代表団である。中国の選手たちのリオまで1週間になって、彼らは努力してここの環境に適応して、状態を調整します。パラリンピックは南米大陸で行われており、中国スポーツ代表団がパラリンピックに参加した歴史における祖国の最も遠い一度であり、時差、気候条件などの困難に直面し、克服しなければならない。今はブラジルの冬で、昼夜の温度差が非常に大きく、昼には太陽が太陽にさらされ、半袖や半ズボンを着ても汗をかいています。しかし、太陽が下りてくると、すぐに温度が下がり、コートを着ても冷めてしまう。だから、スポーツ選手はどのようにここの気候に適応して、体を保護して、良好な状態を維持して、正式な試合の中で最も良いレベルを発揮して、1つの非常に重要な問題になります。中国代表団の開幕式の旗手は記者に伝えましたが、ここの訓練条件は国内と同じではありません。ロンドンパラリンピック女子車椅子フェンシングの優勝は14日から、現在最後の実戦訓練を行っている。スポーツ村の取材によると、記者は、中国代表団の駐屯地の壁に白い紙の赤字を書いた。「祖国と人民の栄誉はすべてより高い」という印象を残した。

里约残奥会大幕即将拉开 圣火将通过虚拟方式点燃-中新网   央广网里约9月7日消息(记者陈亮)据中国之声《新闻纵横》报道,再过不到二十四小时,里约残奥会的大幕就将在马拉卡纳球场拉开。十几天前,里约奥运会生活刚刚熄灭,再过一天时间,残奥会的圣火就将在这个著名球场点燃。对于即将开始的大赛,里约准备好了吗?派出境外最大规模的中国代表团目前备战情况如何?   里约残奥会的开幕式将在里约当地时间7号晚上6点45分,也就是北京时间8号早上5点45分开始,目前透露出来的信息是开幕式将持续到当地时间晚上9点钟结束,预计时间两个多小时左右。   根据导演组透露,开幕式运动员入场环节,将在表演开始18分钟之后进行,这也是为了让运动员能够观看到更多的开幕式表演。   说到开幕式,大家关注的点无外乎有两个,一是表演、文艺演出,另一个是火炬究竟被如何点燃。里约奥运会开幕式上,巴西超模邦辰的一段走秀惊艳世界,即将开始的残奥会开幕式上,也有一位叫做珀迪的女孩,将进行四到五分钟的融合巴西元素的现代舞表演。不过这位女孩是一个残疾人,她会穿上假肢进行表演。19岁时,珀迪失去了膝盖以下的部位,却成为一名职业单板滑行运动员她。此外,她的身份还有演员、作家、演说家,甚至还是一名服装的设计师。导演组认为珀迪的故事很好地诠释了残疾人奋发努力、积极向上的精神。   残奥会的圣火是6天前,也就是9月1号在巴西首都巴西利亚点燃。特别要告诉大家的是,这次残奥会的圣火通过虚拟方式点燃,全世界都可以通过社交媒体,在一个网站上发送积极向上的信息,用这种方式增加热量,当热量积累到一定程度时,圣火台就会点燃。主办方说,这一创意象征着火炬是用人类内心的热量点燃的。在点燃之后,火炬在巴西的五个城市传递,开幕式上的主火炬就是汇集了五座城市的圣火共同点燃。至于究竟如何被共同点燃,明天答案就会揭晓。   残奥会十几天的赛事,总共有250万张门票,目前大概卖出了60%。其中一些项目的决赛门票已被卖完。组委会新闻发言人表示,巴西人购买门票的想法正在发生转变,刚开始大家想买残奥会门票,其实是希望奥运会结束后去巴哈奥林匹克公园看一看,玩一玩。现在大家对残奥会的特定运动员和项目更加关注,想去看比赛成为买票的主要原因。另外,安保也是大家非常关注的焦点。巴哈区是里约的西南方向,是里约的郊区,但却是富人聚集的地方,这里远离市中心,贫民窟也很少,街头每隔一两百米都会有警察和闪着灯的警车,还有其他一些安保人员,让人感觉非常安全。   这次在南美举行的残奥会,是中国派出境外参加的残奥会历史上最大规模的代表团。中国运动员们到里约已有一周时间,他们在努力适应这里的环境,调整状态。残奥会在南美大陆举行,也是中国体育代表团参加残奥历史上距离祖国最远的一次,面临着时差、气候条件等方面的困难,需要克服。现在是巴西的冬天,昼夜温差特别大,白天出门太阳暴晒,穿个短袖、短裤也是一身汗,出门还得抹上防晒霜。但太阳一旦下山,温度立马就降下来,穿外套还觉得凉。所以,运动员如何适应这里的气候,保护好身体,保持良好状态,在正式比赛中发挥最好的水平,成为一个非常重要的问题。   中国代表团开幕式旗手荣静告诉记者,这里的训练条件和国内都差不多。荣静是伦敦残奥会女子轮椅击剑的冠军,她的比赛在14号开始,目前正在进行最后的实战训练。   在运动员村采访时,记者看到,中国代表团驻地墙壁上白纸红字写了一句话,给人留下了非常深刻的印象,就是“祖国和人民的荣誉高于一切”,相信在即将开始的残奥会比赛上,虽然距离祖国有两万公里,但运动员一定会肩负祖国人民的嘱托,奋勇拼搏,取得好成绩。相关的主题文章: