観点によってはレアル・マドリーで品質スコアサッカー-www.9999mp.com

視点は依然としてスコアだけではなく、サッカーの品質ではありません。サッカーの品質ではないということではありません。それは、今までホームでは負けない記録を持っていると報道されています。簡単でも簡単ではありません。簡単には言えないので、アラベスが本の進級する馬、新しいシーズンを購入した後じゅうはち名の選手が短期間で訓練がこのように「渾然一体」、監督佩莱格里诺功績は消えることはない。簡単というのは、選手個人の能力が限られているので、言葉は「簡単にわかりやすい」という戦術的なやり方しか伝えられないからです。守備を守るか、それとも戦争に追われているか、守備を問わず攻撃するのに関わらず、アラジンは地域的な人数に頼る必要があります。土曜日には、5つのバックグラウンドを選択した。その中で最大の変数は左ガードの奥にある。彼の持っているスピードと力によって、アラジンの攻防の中で活躍することができる。序盤の段階、レアル・マドリーれアラベス表面の収縮ディフェンスに迷って、重心前移すぎて、しかもベルもない泰奥形成に「ペアを捕まえに泰奥」のため、だけでなく、第ななしち分急速に反撃製造代韦尔松の中央のゴールを決めて、第じゅうに分の左からももう少しで再び打ちたレアル・マドリーに不意打ちが、エドガー立ち入り禁止区域のヘディング頂偏。ジダンがBBCの3矢印を使ったとき、世代を守るのは必然的である。しかしも無視できない重心のありかを、少なくとも科瓦契奇とぺぺは随時、右ガードしなければならない达尼洛位。特に前半の体力が満ちている時には、アラジンの反撃はもっと威力があります。幸い、正当后防の警報解除の時はまだ、レアル・マドリーに追いつくのボールを迎えました。それは代韦尔松は防フリーキックに送られる、ペナルティはCルーマニア打ち込む。引き分けした後、アラジンは不利なことではなく、27~29分の間にパスを利用して先頭に到達した目的は、ホームファンの「奥さん、奥さん」の歓声を呼んだ。しかし、「奥さん、奥さん」が先頭にあっているのではない。反対に、それを見てみると、帰る時は早いか、ボールがあるときに直接攻撃の手段をとった。34分目のときには、ソースとソースがショートパスに合わせた後すぐにボールをC羅に移し、ポルトガルのスターの周りの魚は相手選手の身を打った後に依然として頑固に首を飛ぶように飛んでいる。前半の1対2で試合の流れを見せられた。最終的には9回連続で登場していたが、マイナス超というのは容易ではない(46と56分で2回のシュートを受けたことがある)。彼らの重心前移に直面して、きっと前場れCルーマニアとベルをひっくり返したリスク、たいして对攻時門前の実効、レアル・マドリー明らかに彼らより強くなった。そして、試合の後半においては、明らかになりました。Cルーマニアはレアルがコーナーに立ち入り禁止区域に倒れてしまうが、彼れPK撲;第84分、マルセロの前場ロングパスを莫拉塔に亚历克西斯形成に守備の局面、莫拉塔の吊射ゴールをスコアがいちさんより;第88分、Cルーマニア再びペナルティエリア内射門の手には反撃後すぐに彼のねえ球マルセロ。試合後にはCルーマニアのまず思い付いたのは審判に来たボールを使用したばかりの上演のハットトリックを意味しているのは自分が穀間の中から出てきた。しかし、90分以内で“唯一”でシュートを得る機会があるのはC羅だけで、「唯一」の中でボール意識を持つことができるのは「唯一」であり、「唯一」のようにエネルギーを献上することができて、思い切って力を尽くしたのは科瓦の契約しかない。考えてみて、もし早めに状態の葉を下げていないならば、早めに1名の企画型が先頭に立って、シーンがとてもきれいになるかもしれません。もちろん、最終的にリーグ戦を続けているということで、そのチームはまだ26回の試合に負けないようにしています。特に、葉があったというのはまだ復帰していない時に、サッカーファンは何か違うボールがあっても食べてしまいました。もっと素晴らしいのはスポーツ界+アプリに注目してください

观点:皇马好看的依然只是比分 而不是足球质量 皇马击败阿拉维斯   体坛+记者李森西班牙报道   本赛季阿拉维斯此前在主场保持着不败记录(客场还战胜巴萨、逼平马竞),可谓既简单也不简单。说不简单,是因为阿拉维斯不过是支升班马,新赛季购买了18名球员后居然能在这么短的时间内演练得如此“浑然一体”,主教练佩莱格里诺功不可没。说简单,是因为球员个人能力有限,佩莱格里诺只能传授“简单易懂”的战术打法。或防守反击,或前场紧逼,因为不论防守还是进攻,阿拉维斯必须要依靠点区域性的人数优势。   周六对阵皇马,佩莱格里诺选择排出5后卫阵势,其中最大的变数是左后卫泰奥,由于他拥有的速度和力量,阿拉维斯攻防中可以在541和451之间灵活应变。开局阶段,皇马被阿拉维斯表面的收缩防守所迷惑,重心过于前移,而且贝尔也没有和泰奥形成一对一的“成双捉对”,因此泰奥不仅在第7分钟快速反击制造出代韦尔松的中路进球,第12分钟的左路传中也差点再次打了皇马个冷不防,不过埃德加在禁区内的头球顶偏。   当齐达内使用BBC三箭头的时候,皇马以攻代守是必然的。但也不能忽视重心的所在,至少科瓦契奇和佩佩必须随时为右后卫达尼洛补位。尤其上半场体能充沛的时候,阿拉维斯的反击就更有威力。幸好,正当后防的警报尚未解除的时候,皇马却迎来了追平的一球。那是代韦尔松在防定位球时送出点球,由C罗打入。   平局后阿拉维斯并没有处于下风,他们在第27到29分钟期间利用短传来达到中场控球的目的,更是引起了主场球迷“奥莱,奥莱”的欢呼声。但由于“奥莱,奥莱”只发生在中场而不是前场,就只能伤及皇马的皮毛而不是心脏。相反,眼见阿拉维斯在回防时很快到位,皇马在有球时便采取了更直接的进攻手段。第34分钟时,马塞洛和本泽马在短传配合后立即将球转移给C罗,葡萄牙球星外围的劲射在打在对方球员身上后依然固执地飞入网底。   上半场的1比2已能让人看到了比赛的大趋势。虽然皇马已连续9场比赛出现失球,但阿拉维斯要完成反超并不是件容易的事(哪怕他们在第46和56分钟时还曾获得2次射门)。因为他们重心前移,必将面临后场被C罗和贝尔打翻的风险,而要论对攻时门前的实效,皇马显然比他们强多了。于是在比赛后半阶段,形势明显朝着有利于皇马的方向发展。C罗在皇马开出角球时在禁区内被拽倒,但他的点球被扑;第84分钟,马塞洛的后场长传使莫拉塔对亚历克西斯形成一对一防守的局面,莫拉塔的吊射球门使比分变为1比3;而到了第88分钟时,C罗再次在禁区内射门得手,依靠的则是反击后马塞洛及时给他的喂球。   赛后C罗首先想到的是向裁判要来了比赛用球,刚上演的帽子戏法意味着自己将有可能从低谷中走出来。但从皇马在90分钟内“唯一”获得射门机会的只有C罗(除了莫拉塔的那粒吊射破门),“唯一”能在中前场有做球意识的只有伊斯科,“唯一”能像阿拉维斯那样奉献体能、敢于拼抢的只有科瓦契奇,你就不能不说,皇马今天好看的依然是比分而不是整体的足球质量。   试想,如果早些将不在状态的本泽马撤下,早些加派一名策划型中场,也许场面会好看得多。当然,当皇马继续保持联赛的领跑,当齐达内的球队依然保持26场比赛不败,尤其当莫德里奇和卡塞米罗还没有复出的时候,球迷哪怕有不同球见也只能咽到肚里去了。更多精彩请关注体坛+APP相关的主题文章: