张琳芃足后防締めつける高洪波停止国よりは良い準備をする-luonv

国の足ではなくてもいいのですが、日本ではなくてもいいと思います。10月11日(次の火曜日)21時、世界予選のアジアエリア12試合第4ラウンドが始まって、国が孤立してウズベキスタンに挑戦する。中国代表主力選手张琳芃、0 – 1でかなわないシリアの試合で食べイエローカード、これは彼のじゅうに強で累計2枚目のイエローカードのため、彼は客战ウズベキスタン停止。もう一つの国にとって有利なことは、スリランカ籍の裁判所が籍の裁判所に出てきた。彼の罰試合は中国チームが1勝5敗ということになった。「二つの黄」の試合では、国の足が厳しい国である12強の優勝は、韓国チームの試合に負けていたのですが、海の魚と航はイエローカードを食べて、次戦のホームは0-0でイランに引き分け、海にはイエローカードを食べました。3回目のホームはシリアに敵がなく、イエローカードを獲得しました。個人の守備力が目立っていることを考えて、選手の中で彼の位置を支えてくれる人は多くない。シリアでの試合に負けたのは、選手がゴールとゴールに合わせて暗黙の了解が足りないため、今度は後の防御線の受動的な調整に直面した。中国代表4回戦の相手ウズベキスタン同じスタッフの効力停止、長春亜泰中衛伊斯梅洛夫とMFハインリヒは累積二黄出場停止は、前者はチームの主力でガードの三場じゅうに強で全部の先発、後者はチーム補欠奇兵、三場じゅうに強で全部補欠従い、ウズベキスタン1 – 0シリア初戦を破って、まさに彼代替出場こうろうを立てる、次戦を1 – 0カタール、それとも彼の代わりに出場するフリーキックの援護攻撃グラム里梅茨破門するが、この二人の停止に国足も朗報。法の執行主裁尺度の比較的広い、中国代表は「準備する」によるとじゅうに強で亜サッカー連盟によると、第4回戦の裁判の手配は確定。中国代表とウズベキスタンアウェー試合はスリランカ籍裁判ペレイラ掌歩哨、2名の補佐の裁判はそれぞれ帕里ニアや帕利塔。また、中国の審判はタイとイラクチームの試合を吹いています。スリランカ人の自慢は中国のサッカーと縁がある。彼は多くの中国プレミアリーグのチームに参加して執行場のACL試合のうち、2015年AFCグループリーグ国安1―0小勝水原の試合は彼が掌哨。また、スリランカ人は2つの雷の試合を吹いていて、2014年にはアジアのチームのチームの試合は1対1で0対1ではないが、2015年には優勝チームの最終ラウンドが1~4万円で大失敗していて、2試合は最後に負けていた。ペレイラ執法の中国のチームでの試合では、中国チームの戦績はいち勝ご負。今年の初めには、自慢話の中では、中国と中国の間には取引があります。シリアとのグループの生死の戦いによると、彼はシリアの1粒のPKを持っていた。イランとカタールの試合は、第1次との試合は、彼のホストによって、2本の西アジアチームが対立していて、試合シーンは非常に人気があり、試合の過程で双方の選手が何度も批判に不満を示し、包囲攻撃をする様子が現れました。鉄はまだ自分自身のハードを必要として、12強の試合前の両の過程から見にきて、国の足の試合の中で審判の法の執行の基本は基本的に公正で、西アジアの強豪に直面して、国の足はまず外の要素を排除して、自分を作って。魚を売る

张琳芃停赛国足后防更吃紧 高洪波应做好恶战准备 国足面临恶战   国足客场挑战乌兹别克,后防能稳住吗?   10月11日(下周二)21时,世预赛亚洲区12强赛小组赛第4轮就将打响,国足将客场挑战乌兹别克斯坦。国足主力后卫张琳芃,在0-1不敌叙利亚的比赛中吃到黄牌,这是他本届12强赛累积的第二张黄牌,因此客战乌兹别克斯坦他将停赛。另一个对国足不太有利的消息是,中乌之战将由斯里兰卡籍裁判佩雷拉执哨,他吹罚的比赛,中国球队战绩仅为1胜5负。   张琳芃“两黄”停赛,国足后防更加吃紧   国足12强赛首战客场2-3输给韩国队的比赛中,张琳芃和任航吃到黄牌,次战主场0-0战平伊朗,于海吃到了黄牌,第三场主场0-1不敌叙利亚,张琳芃获得了黄牌,他也因累积两黄缺席第四轮比赛,国足在后防组合上也需要重新排阵。   考虑到张琳芃的个人防守能力比较突出,替补球员中能顶上他位置的人不多,客场挑战乌兹别克,国足的后防将更加吃紧。输给叙利亚的比赛,国足就是因为后卫与门将配合不够默契造成失球,这次又要面临后防线的被动调整,高洪波再次面临难题。   国足第四轮的对手乌兹别克斯坦同样有人员停赛,效力长春亚泰的中卫伊斯梅洛夫和中场海因里希均累积两黄停赛,前者是球队主力中后卫,三场12强赛全部首发,后者则是球队替补奇兵,三场12强赛全部替补出战,乌兹别克斯坦首战1-0击败叙利亚,正是他替补出场建功,次战1-0击败卡塔尔,还是他替补出场任意球助攻克里梅茨破门,可以说这两人的停赛对国足也算是利好消息。   执法主裁尺度较宽,国足要有“恶战”准备   据亚足联消息,12强赛第四轮比赛的裁判安排已经确定。国足客场与乌兹别克斯坦的比赛,将由斯里兰卡籍裁判佩雷拉掌哨,两名助理裁判分别是帕里亚和帕利塔。此外中国裁判马宁将吹罚伊拉克与泰国队的比赛。   斯里兰卡人佩雷拉与中国足球颇有渊源。他曾执法多场有中超球队参加的亚冠比赛,其中2015年亚冠小组赛国安1-0小胜水原的比赛由他掌哨。此外斯里兰卡人还吹过两场鲁能的亚冠比赛,2014年亚冠小组赛鲁能客场0比1不敌武里南,2015年亚冠小组赛末轮客场1-4惨败全北,两场比赛鲁能全部落败,佩雷拉可谓鲁能苦主。在佩雷拉执法的中国球队比赛中,中国球队的战绩仅为1胜5负。   今年年初,在U23亚青赛中,佩雷拉也与中国国奥有一面之缘。国奥与叙利亚的小组生死战便是佩雷拉执法,比赛中他曾判给叙利亚一粒点球,并将国奥门将杜佳红牌罚下。佩雷拉的吹罚尺度整体比较宽松,12强赛首轮伊朗与卡塔尔的比赛,就是由他主哨,两支西亚球队对抗激烈,比赛场面异常火爆,比赛进程中双方球员多次对判罚表示不满,并出现围攻裁判的情况。   打铁还需自身硬,从12强赛前两轮的进程来看,国足比赛中裁判的执法基本公正,面对西亚劲旅,国足首先要排除场外因素,做好自己。杨 体相关的主题文章: