海の葉は朝と晩に何かを飲みます。-kamikaze love

日本医学の大家、1920年生まれ、医生70余年、現同済大学医学研究所所長。もう高齢だが、顔はまだ元気教授。自分の養生の経験について、彼は最も重要なのは「よい血気を育てる」ことだと思います」。彼は人体の長寿と老化はみな血気にかかわると思っている。血気は流暢で、循環して全身を循環して、臓腑と調整、健康は長生きします。だから、顔の自制の一セットの老化を防ぐ膏方:紅花をきゅう、くグラム、仁きゅう、くグラム、丹参じゅうにグラム、赤芍きゅう、くグラム、サイコきゅう、くグラムを盛が一斉に清水の土鍋に、強火炒めさんじゅう分、そして薬の汁が倒れて碗の中で;また上土鍋に続上半杯の湯、第二次焼きもつ鍋に薬を飲んで、更にソテーにじゅう分後に、薬の汁をぶちまける;繰り返しますが、さっきの三杯を煎じ薬の汁を全て倒回土鍋、強火で濃縮して、二三杯蜂蜜を加え続ける熬、薬の汁を収穫ペースト状、最後に盛容器の中に入れて冷蔵庫に入れ替え。食べるときは、温かいお湯でつけたり煮たりして服用して、朝晩1回、毎回1~2スプーン。また、普段の生活では、次の4つの方面に注意しなければならないと強調した。生活の中で怒らない、たとえ何か不愉快なことや、家族に心を訴え、または毛筆で字を調節して、情緒。彼は言います:「習字まず安心調ガス、ガス調査は脈絡自ずから通ず、伸びやかで心の脳。」よく運動を自分の体の状況によって、ひとまとまりのトレーニング法制定。毎日朝晩平卧はベッド、両手を掌に平置き腰尻の下、足を左右交互にひゃく度は、腹筋を鍛える、血気を全身のどかである。常に歩をもって車に代わって,血気の流通を増進するためである。勤に頭を働かせるは毎日堅持して、をを読んで勉強するほか、顔も自作した古い一種の勤に頭を働かせるの方法、つまりは毎晩寝る前にベッドをまとめ一日の仕事の情況、早起きして目が覚めた後の頭の中で一日の計画を制定する。彼はこれは認知症を防ぐための最良の方法だと考えている。節の飲食の好みのびくびく傷は老化の根源、従いまして、食べ過ぎない食べ物は、自分の好きな飲み物を飲まない。健康食品を食べていないで、ただ1点の血の血の薬と運ばれた薬を着て、このようにすることができるのは各食事は必ず飢えて、各食は必ず喜んで、楽なことは疲れていないで、私は気をつけないでください。「養生保健案内」

颜德馨:早晚喝点防老膏方-搜狐健康   颜德馨教授,国医大师,1920年出生,从医70 余载,现任同济大学中医研究所所长。虽然已是高龄,但颜教授却依然精神抖擞。谈起自己的养生经验,他觉得最重要的就是要“ 养好气血”。他认为人体长寿与衰老均与气血息息相关。气血流畅,循环周身,则脏腑和调,健康长寿。因此,颜老自制了一套防衰老膏方:把红花9克、桃仁9 克、丹参12 克、赤芍9克、柴胡9 克一齐倒入盛有清水的砂锅中,用大火煎30 分钟,然后把药汁倒在碗里;再往砂锅里续上半杯开水,第二次煎煮锅里的药,再煎上20 分钟,之后倒出药汁;重复一次,把刚才煎出的三碗药汁全部倒回砂锅,用大火浓缩,加两三勺蜂蜜继续熬,把药汁收成膏状,最后盛在容器里放进冰箱备用。待吃时,用温开水化开或煮开后服用,早晚各1 次,每次1~2汤匙。      此外,在平时的生活中,他还强调要注意以下四个方面:   调情志   养生首先要有良好的心态。在生活中不发怒,即使遇到一些不愉快的事情,或向亲人诉说衷肠,或练毛笔字,以此来调节情绪。他说:“练字首先要安心调气,气调则脉络自通,就能心脑舒展。”   常运动   根据自己的身体状况,可制订一套锻炼方法。如每天早晚平卧于床,两手掌平放于腰臀之下,左右腿交替抬高100次,既锻炼腹肌,又可使周身气血和畅。经常以步代车,以增进气血流通。   勤动脑   除了每天坚持读书学习、著书立说之外,颜老还自创了一种勤动脑的方法,即每晚上床临睡前总结一天来的工作情况,早起醒后在脑子里制订一天的计划。他认为这是防止老年痴呆的最佳方法。   节饮食   脾胃虚伤是衰老的根源,因此,应不吃过量的食物,不喝自己不喜欢的饮料。从不乱吃补品,只服一点活血药与运脾药,这样才能每餐必饥、每食必喜,乐而不疲、葆我康宁。   转自《养生保健指南》相关的主题文章: