タシュケントが奇跡の国を期待しているかどうかは恥ずかしいかどうか-acbel

周文渊:タシュケント奇跡を期待する国恥足かどうか後勇?国足を続け场边華人ファン準備訓練で見物国足訓練じゅう月ろく日中叙戦、自信満々の高家军意外に败西安、さん戦ざるいち分後、ワールドカップ出場情勢が悪化、国内世論のも急速にステアリング。半年前まで受けた多くのファンも、サッカー協会は官職を授けるは願いに熱愛やご好意の高洪波瞬間歩いて神棚、「でもは親善試合のチャンピオン」、「高氏サッカー=高俅高く寄付いて、いつも低くて、つっこむといろいろ」、腹黒溢れ通り路地。一夜にして、中国のサッカーは本来の値が高くないという人柄に負けてしまった。進出の困難を考えると、中国サッカーは白くて、体制的な絆が多くて、アウトになるのはそんなに容易で簡単ではない。わずか35日とわずか3回の試合は崖に瀕していた。12強ではないが、韓国のシリアは人々が想像しているほど弱いのではなく、「醜い勝ち」だけではなく、「平凡な地平」も贅沢になっている。それを追及するのにしなければならないのだが,追及してみると,その席にはいろいろなものがあってはならない。全体的に5年前のアジアカップでは大用が証明されていたが、最近は5年に中国共産党の中国語を教えていたが失敗に終わってしまった。また、毛先を作って12強の戦いを指揮したような重大かつ複雑な戦いは、協会と総局の職務行為である。しかし、サッカー協会のおじさんは、前線の勇気と知恵を備えたことがないのだから、私たちも馬が生きてきたのではなく、2日後にタシュケントで奇跡が現れたことを期待しています。マクロ的には、西安のようなものがありますが、これまでの国がありますが、長い間3回の戦戦は97年の10強であり、列強の状態が起伏していて、試合は変化していない。韓国人のように強くなっても、3試合は7点を誇りにしていたが、一歩一歩目を向ける表現は雲をあらしにした。最後に2つの1つのボールを打った後に、上の1度のホームは負けて、ポイントはすでに韓、伊に反対されていて、中国に応戦する際には、それだけではなく、もっと負けない心理的な重荷を背負ってしまった。中国チームそのものから見ると、強すぎて弱さ、弱さが悪いと、悪いラベルになりました。のようなチームの監督は、こんな難しいじゅうに強の話分走って勝つ試合のですが、この場に対してアウェー挑戦ウズベク特定の試合、高家军ことができるかもしれないと首を一つ意外の喜び。昨年初めのアジアカップの時には、フランス人のボスが監督になったことを思い、新たに結成された中国チームが外部で一般的に見ていない場合には、グループ試合3戦の勝利があった。今の状況は多少似ているが、中国チームはもともと3流と位置づけられていて、新負けの一番弱いシリアの後にはもっと国内外の世論に襲われた。このようにして、試合が得意であることが得意で、唯一得意の防止モードでもあります。足を持っているかが心配で、国の恥後勇不羈の心、高洪波かどうかに直ちに誤り訂正、思い切って舎てもディフェンスそれら時限爆弾、攻撃を起用孙可端思い切ってそんなかもしれない、技戦術尚彫刻を備え、命が止まらないだけでなく、戦いの鉄血気骨の戦士?その年の魚の葉の葉は、自分で扉を開けて扉を開けて、星城の城内の涙によってよだれを伴って飛んできた。今タシュケント、川を渡り舟を焼くシーンを再現して、サッカー中国夢はまた行った交差点。高監督にお願いしました、国が足を救う必要があります、サッカー協会は自分で自分を証明する必要があります。

周文渊:塔什干期待奇迹 国足是否能知耻后勇? 国足继续进行备战训练 华人球迷场边驻足观看 国足训练10月6日中叙之战,信心满满的高家军意外兵败西安,3战只得1分后,世界杯出线形势骤然恶化,国内舆情也急速转向。半年前还接受众多球迷膜拜,更让足协又是封官又是许愿地厚爱或错爱的高洪波瞬间走下神坛,“不过是个热身赛冠军”、“高氏足球=高俅,总是高开低走”,种种调侃、吐槽和腹黑充斥大街小巷。一夜之间,中国足球败光了本来残值就不高的人品,换帅的呼声则一浪高过一浪。想到了出线艰难,毕竟中国足球底蕴苍白,体制性羁绊又繁多,却不曾想出局竟是那么的容易和简单,只需要短短35天和区区3场比赛就已濒临悬崖;想到了12强无弱旅,上一轮逼平韩国的叙利亚并不像人们想象的那么弱,却不曾想高家军不仅做不到“丑陋地赢”,连“平庸地平”都成了一种奢望;想到了高洪波能力有限、短板甚多,却不曾想会在国庆长假时那么闹心。换帅势在必行,追究起来,高洪波本不该出现在那个位子上。扶正早在5年前的亚洲杯上就已被证明不堪大用,最近5年执教中超各队又均以失败告终,还常常弄出一地鸡毛的高洪波指挥12强赛那样的重大又复杂的战役,乃足协和总局的失职行为。不过既然足协大爷从来不具备火线换帅的勇气和智慧,那么我们也只能死马当活马医,指望两天后在塔什干出现奇迹。宏观而论,虽然国足在西安的表现像坨屎,高洪波的排兵布阵和临场指挥也既弱智又紊乱,不过从前3轮战况看,12强赛一如97年之10强赛,列强状态起伏不定、赛事演进波诡云谲,高家军如果纠错及时又得力,仍然存在着绝处逢生的空间。即使强大如韩国者,3场比赛虽然豪取7分,但步步惊心的表现让施蒂利克陷入了风暴眼。乌兹别克在连续两场1球小胜后,上一场主场落败,积分已被韩、伊反超,令其在迎战中国时背上了只许胜不许平,更不能输的心理包袱。从中国队本身情况看,遇强(韩伊)不弱、遇弱(叙)不强俨然成为尴尬的标签。这样的球队、这样的教练是很难跑赢12强之抢分赛的,不过针对客场挑战乌兹别克这场特定比赛,高家军或许能够搏出一个意外之喜。遥想去年年初亚洲杯时,由法国人佩兰出任主帅,新组建的中国队在外界普遍不看好的情况下居然小组赛3战全胜,被孙可、吴曦等初生牛犊冲垮的对手中,赫然就有拥有前亚洲足球先生杰帕罗夫和亚青赛最佳射手谢尔盖耶夫等悍将的乌兹别克。现在的情况多少有点相似,中国队本来就定位三流,新败最弱的叙利亚后更被中外舆论贬成渣,乌兹别克人即使不轻敌,也绝不会放弃在主场虐菜抢分的天赐良机,大举进攻不可避免。这样,比赛很可能进入高家军比较擅长,也唯一擅长的防反模式。比较担心,国足是否拥有一颗知耻后勇的不羁之心,高洪波又能否及时纠错,既果断摒弃后防线那些不定时炸弹,又在进攻端敢于起用孙可那样的,或许技战术尚待雕琢,却具备生命不息、战斗不止之铁血风骨的战士?当年戚务生首鼠两端,自己关上了出线大门,令金州城内眼泪伴随着口水横飞。如今在塔什干,背水一战的场景重现,足球中国梦则又走到了十字路口。拜托了高教练,国足需要救赎、足协需要遮羞,你自己也需要重新证明自己,拼吧。相关的主题文章: