こだわりの9件の事-doat

孙雷:と緑の城の格下げに関するきゅう、く件まで切って別のページ、見た遼寧省と蘇寧試合。马丁内斯反強盗に無謀なファウル死球時間は多くて、半分歩いた。スローモーションでは、马丁内斯の後ろには谢鹏飞、彼は眉を一緒に、焦って腕を振って頭の上。切り回刚才ページで、緑の城の本拠地は延辺1 – 2遅れました。試合の勝敗に対し、江蘇蘇寧は実はいいの。私は推測して、谢鹏飞必死には、緑の城焦る。いったいどんな一歩間違え、緑の城は中国プレミアリーグの最終回のこのよう保级情勢受動、もう重要でなくなった。終わりの前に、奥さんよりも決勝戦に突入した。彼らは下落した。1。初めてのこだわりの試合は、2009年末には、安全保障が優勝した。私はぼんやりしていたことを覚えているのは前半の後半にあります。三球が遅れた時、彼は少し前に立っていて、頻繁に頭を振っていて、顔に葉をかけた表情をしていた。後に2本のチームを処罰したわけではないのであれば、順位については、その当時はこれが遅れてしまったのです。これから杭州に行って取材したのは、2011年の初めの応援です。ホーム・2 – 20は名古屋のクジラであり、石の力と巴力でゴールして、歴史上で第1回のエネルギーを持って、唯一の勝利です。あの日、黄博スタジアムの上座ファンは自慢人だった。2012年9月29日、杭州は上海が上海に拠点を置く。私はその天下に小雨が降っていると覚えていて,観衆の席の上はひっそりしていた。その後の9月30日は中秋節で、その後は国慶節の大型連休に入りました。これは1500人ありますか」私は隣のチケット会社の友達に聞いてみました。相手は苦笑していて、答えはしない。それはもう後ろから6回目となっていたが,葉の木がはっきりしていない。その場では、5日後のホームや山東省での試合では、公式のトップは5000人程度。私は、人数よりもスコアがよりリアルで、さらに残忍であると思っています。2。2012シーズンのインタビューは、初めの昆明の合宿から始まりました。その時私はノートの上で1行の字を書いていました」。もう覚えていないのですが、これは最後までのインタビューの内容で、彼の身近な人の伝え方なのか、それとも私自身の判断ですか。いずれにしても、実に多くの若者が一線に入ることになった。杭州に帰ってきて、長距離の寮の寮の中で、私は少しのことがあったことがあることがあって、「長い間に一筋のチームが入っていて、みんな同じ年齢で、気持ちが悪いことはありませんか?。」李さんは真剣に言っています:“髪はもともと私たちのキャプテンで、彼の上のチームのチームはとても正常です。」かえって魚の葉がちょっと恥ずかしいので,家を帰ってしまったのを口実にして逃げてしまった。その時には、自慢はハーフバックで、位置の上ではソースと競争が関係しています。私は少しも嫉妬を感じていませんが、長いチームが一線に入ってきたので、自慢の人たちにとってもいいことではありません。多くのブランドのように、1993年に生まれた選手は、19歳の時に一線を獲得した機会を獲得しました。陳中流、葉があって、葉があります。山安の時期の山東の試合と一緒に、杭州の魚は中国語の中で最も大胆で最も勇気がある選手のクラブのクラブになりました。3。しかし、これらの優れた素質を持っている若者は、大きな成長を遂げている。国内セット施設で最も優れたサッカー訓練基地の一つ。長い間に各級のチームに着いてから第一線のチームに着いて、すべてここで生活して訓練します。私個人の目で判断するのは,おそらく最もよい環境だろう。もし私は世代の小さい選手であるならば、いつでも機会を探して1チームの訓練を見学することができて、方法は再び野になることができて、さらに大量の機会と一線の隊員が教えてもらうことができます。例えば、1997年に生まれたのは、当時の小選手だった。自分が訓練場で練習していたときに、必死になって、彼と一緒に堂訓練の授業をしました。残念なことに、選手たちが自慢の出会いを自分のチャンスとみているわけではありません。幼い頃から基地で生活してきたため、すべてのすべてが規律と制御されている。授業や訓練の時間にかかわらず、あるいは訓練の後に都市の中心の集団の宿泊生活を離れます。受け入れに慣れてしまったのは、もはや自発的に考えることができない。だから徐々に、壮大な監督グループが発見され、抜擢されたオリジナルの選手は、ほとんどの人がサッカーに対して純粋な情熱を持っていませんでした。「基地の条件がこんなに良いので、球場は寮のそばにあります。。でも、子供たちがサッカーを見たことがありません!サッカーですね。この件はちょうどコーチに教えられないのです。」監督アシスタントの小野さんは残念ながら言った。それと同時に、クラブも選手が導入して金融を引き締めていることもあります。この面も、青訓選手に道を譲ることになりました。2012年の夏の移籍窓は、リーダーシップが山東省にあった。このような広い環境には反作用があった。実際には、ブランドやこだわりを除いて、チームの安定的な戦力になることはありません。多くの人が出場するのは、コーチに「チャンスを与える」と言われている」。青訓選手にとっては、今はできないとしても、朝晩は打てます。「自慢の青訓は沈没船ですが、私は小さな救命ボートがあります。」「このような状況では、誰もが船に乗ることを保障できない。生きる欲望の最強の人たちだけが、生きていく機会があるのだ」。」しかし、彼は93という青訓製品をもっと多く出場することを望んでいるのではないかと思います。地元メディアの取材に一度受けた。4。局面をいっそう複雑にさせたのは、当時の移籍市場である。2009年から、サッカーはサッカーの分野に介入し、市場の数倍を超える価格で選手に移籍費と年収を出す。2012年頃になった時には、大連や山東省にあるクラブも含まれています。最初に試合をした93後の選手として、長距離、陳中流、長距離、葉が他のクラブの引き合いの目標になった。彼らを残しておくためにも、青訓とは異なる年収を出してきた。これは彼らを20歳くらいにして社会の中流階級になった。わずか1年前には、彼らはまた、ブランドの寮の寮に住んでいて、毎晩、集団で電気を消して、携帯パソコンの学徒生活を送っていた。今、彼らは車を買うことができました。これは彼らはこの一年の間を払った人より努力をした、他人より多くの進歩ではなく、クラブの環境が変わっても。競争力の不足とともに生活の誘惑が相次いで。私は参加していた一度数名93後選手の小さいパーティー、結果、約未明さん、よんしよの時に、私は熬不動が先に帰る。何人か私を送って出かけてタクシーの時間、私はただ窓越しにと言った:"あなたは私の生活も権限管、くれぐれも飲みすぎて、八分は足らず十分はこぼれる。」ここ数年、友達とのプライベートチャットの中で、私は決して言ったことは初めてだ。もちろん、私はいかなる人の名前によると。すべての人は若い時からが1段の過程で、私は自分でも例外ではない;一方、資格はないが、彼らに「管」、多くの生活の道理は、ゆっくりと悟の。プロサッカーの環境が、ない人があまりに長い時間に目覚めて。ご。2013年を「日本経済新聞」のインタビューで、�武史」と言ったのは去年私が杭州緑城FC監督就任時と、選手たちのサッカーの能力が強く、夢や目標が乏しい。「日本では、若い選手を国内にヨーロッパキック、年俸が上昇10数倍。韓国では、一セットが非常に復雑な制約条件:できなければ、高校や大学に通うのプロチームを選んで行ってではなく、大学を卒業するまでの方式を通じてオーディションにKリーグクラブのならば、非常に低い基本給をしかない。もし、日本やヨーロッパなど海外加盟クラブ逃げるこの規定によりますと、韓国から離れるから、ご年内にKリーグクラブを許さない。とても簡単で、君は他の人より良い早く蹴りにプロリーグか、出かけたから頑張ってそんなにすぐ帰り恥ずかしい。国内の場合は完全に異なって:古い引退選手は、若い選手の人数が足りない競争。才能ある適切な努力に加え、給料はすぐに乗りました。私は2012年の取材の時と石柯」今機会が多くて良くて、努力して表現すると、�武史は多くの人脈を助けることができるあなたにヨーロッパキック。「(当時)が、意外に石柯少し冷ややかに言う:」実はリックリンク(時任国青監督)にも聞いてみたいオランダキック行きたくないけど、意味は大きくない。これは実際の状況:イングランドスペイン蹴りに、オランダベルギーほらない。夢のために努力」よりも「金が一番、おそらく実際の安全感保障。石柯はとても純粋な若者たいではなく、こんな事を彼は、逆に彼のストレートに感謝したい、わかって選手の気持ち。殘酷な現実。>ろく。今では、試合をやっていない93回の選手が、株を離れている。さらに、引退した人もいた。しかし、淘汰されているのは、最高の93回の競争圧力を受けているという意味ではない。もし2年にわたって別の人を出すならば、今年は数名の優秀な97後に1チームで試合をしなければならない。今年の状況は、97回どころか、95回のエリートにも中国語ができない。2016シーズンは、1995年に生まれた選手の中には、長距離(1997年生)と遼寧省での試合の中で20分出場しています。2012年以降から2016年、緑の城のクラブも売る人は年々。ゴールキーパーの方面で、顾超、姜波、韩锋全てが離脱;バックライン、石柯、范晓冬、曹轩、王林、刘斌、王宏離脱が、ほとんどは組に主力;MF歩いた汪嵩、唐佳庶、谢鹏飞、杨柯、郑科伟引退、前線に歩いたヤンジーと黄凤涛、借りても仕方の高迪殘。しかし、ときに、石柯に港の主力中衛、半谢鹏飞経験のシーズンの上位磨き成功後、緑の城留守の93回がチームの核心となる。外国からの援助に頼りすぎてはやめて痛い時でさえ、ケーヒル離脱後、チームは1つの本当の意義の上のリーダー。だからと延辺この場2 – 2の最後の時、緑の城のすべてのメンバーに必死だが、ただ黙って自分の命をかけて。出来ない局面も安定しない、一人になる集団の精神的支柱。2000年の甲Aリーグを思い出しました。これまでの1999年には、遼くんが頭を上げて、そろそろリーグ戦に優勝しました。しかし、これから2000シーズン、チームの前で7ラウンドの3平4はマイナスで、1つのゴールがあって、少しの列の行列に落ちます。早く,功績のある監督の張さんが授業が終わった。そして、「あなたは見て、これが若い人の特徴だ」と言った。1年目は冠を下して,みんなはみな息をこらえていた。二年目は有名だから,みんな自分で気を配るとチームが散ってしまった。」。「寒さが落ちた夜は、魚が私に手紙を送ってくれた。チームの資金は多くないが、正常な規範で経営チームを経営していない。子供たちは、自慢戦の残酷さを経験していません。クラブは良い周辺関係を形成していません。「これらの情報を見ていると、私は誠実で率直なことを喜んでいるが、あまり良くないかもしれないと心配している。」は入って才能に問題を解決して、それを恐れずに。「汪嵩付け加え:」もうひとつ、宋のボスがいい。「>ななしち。きっと誰かが持って緑の城の93回と当時の「遼小虎「、あるいは上海東アジア」89回「(張琳�、顾超、蔡慧康、王�超、吕文君、武磊)私は比較的に。実際には、これは全く違う種類の靑訓の製品。」「遼小虎は張取引指導を大からのパスからシュートに足がどのように接触してからボールを上海東アジア」89回「は徐根宝指導が育ててきた。年過ぎて六旬自ら模範铲球」「あなたはきっとこの物語を聞いた、というのは徐根宝指導当時帯」89回「事。そして緑の城の93回は靑訓システムの下で育った一群の選手。2004年きゅう、く月、緑の城のサッカースクール設立。中国チームに打ち込むを受けて2002年ワールドカップの影響で、その時の全国のサッカーの学校の数が急増。サッカーの学校にとって、人材育成に「サッカー」は犬が西向きや尾は東の目標。緑の城足校が少し違う、その提案のコンセプト:」は文化教育を中心に、サッカー訓練を特色。「ある事は決して人関心:緑の城の集団の中で、クラブのありかの」「スポーツシステムやサッカー学校所在の教育システム」「、ほとんどは異なる2つのエリア。ワールドカップがブームの足校たちが閉店や倒産の時を堅持し、教育コースの緑の城足校生き抜いた。実は、石柯、谢鹏飞などの選手は途中で緑の城の一斉にしかならない足校、緑の城の半制品。しかし1997回の张玉宁、高华泽、吴伟ら、もう正統の緑の城派「。にくいとヨーロッパ甚だしきに至っては日韓の靑訓成果に比べ、国内の多くの伝統が靑訓基地から食料が切れる時、緑の城がいる供血。数年前、緑の城の財政問題外で考え販売株式は、その間は馬雲さん中泰基地「事件」が訪れる。その時の交渉では、クラブや看板が一番売れたくない部分でした。その後、株価グループの株式保有者は、株価や中交際グループなどの大手を増加させたが、クラブやオリジナルの事は、依然として元である。その一方で、杭州の株式会社を離れると、クラブの顧問にもなっている。毎年、彼は杭州に6回ほど来ますが、クラブには、クラブがあっています。ソースのほかにも、青訓の体系はまだトップクラスの選手を生産していない。しかし、多くのことは、例えば、持続的な投入は短期的な成果よりも重要である。今は誰にも中国の優秀なサッカー選手が価値があることを知っていますが、7、7年前、資金を彼らに投じた時、その時は報われませんでした。理念に大きな違いがあったとしても、葉や�が協力し続けることは、相互の理解と尊敬の源である。8。言葉が下がると、「負けた」と言われている「。私はそう思わない。ブランドはすでに国内のトップの青訓を持っていますが、クラブの一線では、多くの問題があります。例えば、かつてのコアな脱退後、人を買うことによって十分に良い補充を行うことはありません。今の中国の高級選手の人材は欠乏して、彼らがバブルの市場価格を持っていることを決めました。完備されていないマネージャーや移籍制度も、買う人をもっと難しい:お金持ちだけではなく、人脈もあります。今回のシーズンに戻ってきたのは、クラブの青訓選手だった。しかし、2012年末には、クラブ監督の提案のもとに、福建に向かって、ブランドの参加の試合を見た。しかし最終的には能力が足りないと考えて、導入しなかった。しかし、数年にわたって人を売るというところで、31歳のこだわりが導入されているが、実際には移籍市場では何もできない。最終回は延辺の死に遭遇したが、年明けを連想させ、延辺クラブとの紛争事件を連想させる。しかし、延辺富徳の外国からの外国人の外国人は、このシーズンの26試合に8試合に突入した。2015年には非常に低い価格で彼を導入していたが、先に借りた後に買って延長します。この人情は,おそらく陳さんの移籍事件はすべて相殺されているだろう。私は監督グループを評価していません。人の目の前で,どんな理想を考えてはいけない。その年であろうと、武の歴史においても、やはり後になってきていたのか、それとも今のところにあったのか。各本土のコーチはすべて明らかにして、7人の本土の選手が1つの外国人のチームをプラスして守ることをプラスして、3つの高品質の外国からの攻撃をうまく攻撃するのは、暖かい光の広々としている。理想はありませんが、どのような人が教えてくれるのか、またどのような違いがあるのでしょうか。9。私は来年の髪の毛が打つかどうかわからないし、中甲の進級戦もとても残酷だ。北京の2チームとこのシーズンは大大連の一方と青島の黄海で、来年アップグレードした有力な競争者である。俺の友達圏が自慢になってしまった。現役のベテラン選手やスタッフが声を出している。他の多くのかつてのサッカー選手が多くて、友達の輪を通じて自分のかつてのチームメイトと友達を大量に励ましてくれる。この日を楽しみにしていた日は、多くのメーカーやスタッフの痛みになり、彼らを刺激していくことができます。割引や超痛い点だけではなく、それぞれの職業生活の痛み。この文章を書いて非常に大変なことを書いて、ほとんどの資料を調べていない状況の下で、私は6時間かかった。書きましたが改め,改めて削除し,削除してまた書きます。私はこの2年の頻繁なチームとのインタビューで、私はこのクラブとこのチームに対して比較的特殊な感情を持っていることを認めます。チームが閉鎖された時まで、私はまだ堂訓練課を見ながらノートを作っていた。これは私にもっと良い観察の後の試合をさせて、訓練の内容は結局どのくらい打ってきました。これは自慢ではなく,互いに職業道徳に基づく信頼である。この私が見る格下げの後、一時間冷静な状態に回復しにくい。私は確信して、この文章の内容は、私は努力して客観的な立場に立って書いた。もしあと少し私と、私の本当の望みはすぐに戻って中国プレミアリーグの緑の城。もしあなたはこの文章を見て、まだ時間に余裕があったら。それを見て次の写真でしょう、これは緑の城のサッカーファンの私に交付する、彼らについて今年球の様々な:最後に、一枚の普通の写真:@のできないよっぽん:これは申花試合終瞭後に緑の城の小野剛監督持って補欠選手の練習の画面球場にあふれていてもがファンの相互攻撃がラジオでは安全に注意して、その場の謝謝場終演のはね、彼らは往復止まらないて。。。。。。(完)(声明:本文は作者の観点を代表するか、新浪網立場。

孙雷:和绿城降级有关的9件事   我切到另一个页面,看到了辽宁和苏宁那场比赛。   马丁内斯反抢时一个鲁莽的犯规,让死球时间又多走了半分钟。慢动作里,马丁内斯的身后是谢鹏飞,他眉头拧在一起,焦急地把胳膊甩过头顶。   切回刚才的页面,绿城在主场已经1-2落后延边了。   对于比赛的胜负,江苏苏宁其实是无所谓的。我猜想,谢鹏飞的拼命,是为绿城着急。   到底是哪步走错,让绿城在中超最后一轮的保级形势如此被动,似乎不再重要了。终场前加比奥内塔打进点球,绿城2-2打平延边。   他们降级了。   > 1。   第一次拍摄绿城的比赛,是2009年末,国安在工体夺冠。   我依稀记得宋卫平在上半场出现在了替补席上。绿城3球落后的时候,他身子略微前探地坐在那儿,频繁地摇着头,脸上挂着似笑非笑的神情。如果不是因为后来扫赌打黑处罚了两支球队,从排名上来讲,绿城当时本是要降级的。   这之后去杭州采访,是2011年初的亚冠。主场2-0名古屋鲸,拉米雷斯和巴力进球,绿城历史上第一场亚冠,也是唯一一场胜利。   那一天,黄龙体育场的上座球迷是28674人。   2012年9月29日,杭州绿城主场对上海申鑫。我记得那一天下着小雨,观众席上冷冷清清。   之后的9月30号就是中秋,再之后就进入了国庆小长假。“这能有1500人吗?”我问身旁票务公司的朋友。对方带着苦笑,没有作答。那已是倒数第6轮,绿城的保级形势不算明朗。   那一场,以及5天后主场和山东鲁能的比赛,官方给出的上座都在5000人左右。我一直认为,比起人数,比分才更加真实,也更加残忍:两场0比0。   > 2。   2012赛季的采访,是从年初昆明的集训开始的,当时我在笔记本上写下了一行字:“�田武史从杭州U-19看到了希望”。   已经不记得,这到底对是�田武史采访的内容,是他身边人的转述,还是我自己的判断。无论如何,�田武史的确提拔了不少年轻人进入一线队。   回到杭州,在U-19梯队的宿舍里,我有点儿挑事地问赵宇豪:“石柯上了一线队,大家同一个年龄段,有没有心理不太舒服。”   赵宇豪认真地说:“石柯本来就是我们队长,他上一线队太正常了。”反倒是石柯有点儿不好意思,拿回屋洗澡当借口跑掉了。   那时候,赵宇豪是打中卫的,从位置上和石柯是竞争关系。我没有感受到丝毫的妒忌,因为石柯进入一线队,对于赵宇豪等人来讲也是好事:   有能力就会进入一线队。   许多像石柯一样的、1993年出生的球员,都在他们19岁的时候获得了一线队出场的机会:陈中流、冯刚、谢鹏飞、董宇(1994年出生)、吴航、曹海清、臧一锋、孙正傲(1994年出生)。   和滕卡特时期的山东鲁能一起,杭州绿城成为了整个中超最敢用U-19球员的俱乐部。   > 3。   但是,这些有着优秀潜质的年轻人存在着巨大的成长隐患:   自主性。   绿城中泰基地,国内配套设施最出色的足球训练基地之一。从绿城足校到各级梯队再到一线队,都在这里生活和训练。   以我个人的眼光判断,这恐怕是最好的环境了。如果我是梯队的小球员,可以随时找机会观摩一队训练,路子再野一点,甚至有大量机会和一线队员求教。   比如1997年出生的曾庆坤,当时还是U-15梯队的小球员。一次自己在训练场加练的时候被�田武史发现,就直接招呼他跟一队一起上了堂训练课。   遗憾的是,并没有梯队球员把曾庆坤的际遇看成自己的机会。因为从小在基地生活下来,所有的一切都是规律和被控制的。无论是上课和训练的时间,或是训练后远离城市中心的集体住宿生活。   习惯了接受安排,便不再会主动考虑突破。所以渐渐地,�田武史的教练组发现,提拔上来的U-19队员,绝大多数人对足球都没了纯粹的热情。   “绿城基地条件这么好,球场就在宿舍边上。但孩子们看到足球没有那种‘哇!是足球啊’的热情,这件事恰恰是教练无法教给队员的。”助理教练小野刚遗憾地说。   与此同时,俱乐部也在球员引进上紧缩银根,这一方面也是在给青训球员让路:荣昊、沈龙元、矫�、孙吉、毛剑卿、晋鹏翔、吴伟这些老队员在2012年之前因为各种原因离队。而2012年的夏季转会窗,队长杜威也被卖到了山东鲁能。   如此宽沃的环境,倒起了反作用。事实上,除了石柯和冯刚之外,没人能成为球队的稳定战力。大多数人的出场,都是被教练组“给机会”。对于青训球员来讲,哪怕现在打不上,早晚也能打得上。   “绿城的青训是一艘沉船,而我有一支小型救生艇。”�田武史说:“这样的情况下,我不能保障每个人都上船,只有求生欲望最强的那些人,才有机会活下去。”   但宋卫平并不这样想,他希望给93这批青训产品更多的出场机会。一次接受当地媒体的采访中,他表示:哪怕降级也没关系,有青训就打得回来。   > 4。   让局面变得更复杂的,是当时的转会市场。   从2009-2010年开始,恒大介入足球领域,以超越市场数倍的价格给球员开出转会费和年薪。到了2012年左右的时候,包括大连阿尔滨、山东鲁能等俱乐部也加入了竞价的队伍。   作为最早打上比赛的93后球员,石柯、陈中流、谢鹏飞、冯刚等人都成为了其他俱乐部询价的目标。为了留住他们,绿城也陆续开出了和青训合同截然不同的年薪,这让他们在20岁左右的时候,就成为了社会的中产阶级。   仅仅一年之前,他们还只能住在U-19梯队宿舍,过着每晚集体拉闸关灯,上缴手机电脑的学徒生活。而如今,他们已经能买车了。这并不是他们在这一年之间付出了比别人更多的努力,获得了比别人更多的进步,而是俱乐部的环境改变了。   缺少竞争动力的同时,生活的诱惑接踵而来。我曾参加过一次几名93后球员的小聚会,结果,大约在凌晨3、4点时,是我熬不动先回去的。几个人送我出门打车的时候,我只隔着车窗说了句:“你们的生活我没权限管,别喝太多,适可而止。”   包括这几年和朋友的私下聊天当中,我从来没有说到过这件事,这是头一次。当然,我不会透露任何人的名字。因为每个人年轻时都会有一段这样的过程,我自己也不例外;另一方面,我没有资格去“管”他们,许多生活的道理,是要自己慢慢悟的。   但职业足球的环境,不会给人太久时间去悟。   > 5。   2013年接受《日本经济新闻》的采访时,�田武史说:”去年我就任杭州绿城足球俱乐部主教练时,感到选手们的足球能力很强,但却缺乏梦想和目标。“   在日本,一个年轻球员离开国内去欧洲踢球,年薪可以上涨十几倍。而在韩国,则有一套非常复杂的制约条款:   如果不能在就读高中或大学时被职业球队挑走,而是到大学毕业通过选秀的方式进入K联赛俱乐部的话,那么就只能拿到非常低的底薪。而如果想通过加盟日本或欧洲等国外俱乐部逃开这一规定的话,从离开韩国开始,5年内不允许回到K联赛俱乐部。   很简单,要不你比其他人好早点儿踢上职业联赛,要么出去了就努力别那么快就回来丢人。   而国内的情况则完全不同:老球员终究会退役,年轻球员没有足够的人数竞争。有天赋加上适当努力,薪水很快就上去了。   我曾在2012年采访时和石柯说:”现在机会多好啊,努力表现的话,�田武史是有不少人脉可以帮助你去欧洲踢球的。“   (当时)意外的是,石柯有些冷淡地说:”其实里克林克(时任国青主教练)也问我想不想去荷兰踢球,但我觉得意义不大。“   这便是实际状况:英格兰西班牙踢不上、荷兰比利时瞧不上。   比起为了”梦想“的努力,金钱恐怕才是最实际的安全感保障。石柯是个很纯真的小伙子,我并不是想通过这件事贬低他,反而是想感谢他的直白,让我了解了球员的真实想法。   残酷的是现实。   > 6。   如今,已经有不少踢不上比赛的93届球员离开绿城。甚至,有人已经退役改行了。   但淘汰,并不意味着绿城的93届真正受到了竞争压力。如果按照两年出一拨人来推,那么今年应该有几名拔尖的97后在一队打上比赛。   而今年的情况是:别说97届,连95届的尖子也难以打上中超。整个2016赛季,1995后出生的球员中,只有童磊(1997年生)在和辽宁宏运的比赛中替补出场20分钟。   自2012年至2016年,绿城俱乐部仍然是年年卖人。门将方面,顾超、姜波、韩锋全部离队;后卫线上,石柯、范晓冬、曹轩、王林、刘斌、王宏有离队,几乎是整套主力;中场走了汪嵩、唐佳庶、谢鹏飞、杨柯,郑科伟退役;锋线上走了杨子和黄凤涛,租借来的高迪也没留住。   然而,当石柯成为上港主力中卫,谢鹏飞经历半个赛季的磨砺成功上位之后,绿城留守的93届却没人能成为球队的核心。过于依赖外援是戒不掉的痛点,甚至在卡希尔离队之后,球队没有一个真正意义上的队长了。   所以和延边这场2-2的最后时刻,绿城每个队员都在拼命,但只是默默地拼自己的命。没人站出来稳定局面,也没有一个人能成为集体的精神支柱。   我想到了2000年的甲A联赛。   此前的1999年,辽小虎猛抬头,差一点就拿到了联赛冠军。但接下来的2000赛季,球队前7轮3平4负,只有1个进球,一下掉到保级行列。很快,功勋主帅张引下课了。   后来,肇俊哲和我说:“你看,这就是年轻人的特质。第一年是冲冠,大家都憋着劲。第二年名气有了,大家自己顾自己,球队就散了。”   ”球队没有主心骨,没有领袖。“绿城降级后的夜里,汪嵩给我发来微信。   ”球队资金不多,但是没有按正常的规范在经营球队,缺乏破釜沉舟的态度。小孩们没有经历过保级战的残酷,俱乐部没有形成很好的外围关系。“   看到这些信息,我欣慰于汪嵩的坦诚,但也担心说出来可能不太好。   ”写进去才能解决问题,原话,不怕。“汪嵩补充道:”还有一点,宋老板很好。“   > 7。   一定有人会拿绿城的93届和当年的“辽小虎“,或者是上海东亚”89届“(张琳�、顾超、蔡慧康、王�超、吕文君、武磊)去作比较。   事实上,这完全不是同一种青训的产品。   ”辽小虎“是张引指导从小带到大的,从射门传球时脚如何去接触球开始教起;而上海东亚”89届“则是由徐根宝指导一手带大的。   ”年过六旬亲身示范铲球“,你一定听过这故事,说的就是徐根宝指导当年带”89届“的事儿。   而绿城93届,则是在青训体系下成长的一批球员。   2004年9月,绿城足球学校成立。   受到中国队打进2002年世界杯的影响,那时候全国的足球学校数量猛增。对于足球学校来说,”培养足球人才“是理所当然的目标。   但绿城足校有些不同,他们提出的理念是:”以文化教育为主,足球训练为特色。“   有件事恐怕从来不会有人关心:在绿城集团里,俱乐部所在的”体育系统“和足球学校所在的”教育系统“,几乎是两个不同的区域。当世界杯热潮的足校们纷纷关门或倒闭的时候,坚持教育路线的绿城足校活了下来。   实际上,石柯、谢鹏飞等球员是中途被集体买到绿城的,只能算绿城足校的半成品。但1997届的张玉宁、高华泽、吴伟等人,已经是正统的”绿城派“。虽然难以和欧洲甚至日韩的青训成果相比,但当许多国内传统青训基地开始断粮的时候,绿城却仍有供血。   几年前,绿城因财政问题考虑外售股权,其间便有了”马云造访中泰基地“事件。而在当时的谈判中,俱乐部和足校是宋卫平最不想卖的部分。后来绿城集团的股权持有者增加了九龙仓和中交集团等大户,但俱乐部和足校的事,仍然由宋卫平做主。   另一方面,在�田武史离开杭州绿城帅位的时候,同时也成为了俱乐部的顾问。每年他大约会来杭州6次,而俱乐部U-19、U-17、U-15梯队,都有日本教练带队训练。   除了张玉宁,绿城青训体系还没有产出中超顶级球员。但很多事,比如”青训“,持续的投入有时比短期成果更为重要。如今谁都知道中国优秀足球运动员值钱,但想想七八年前,把资金投在他们身上的时候,那时可是看不见回报的。   即便是在理念上有着巨大的差异,宋卫平和�田武史还能继续合作,就是源于相互的理解和敬重。   > 8。   绿城降级后,有人说”青训“输给了”金元政策“。   我并不这么认为。   绿城已经拥有国内的顶级青训,但在俱乐部一线队层面,还存在着许多问题。比如曾经的核心离队之后,并没有通过买人进行足够好的补充。   如今中国高级球员人才的匮乏,决定了他们带着泡沫的市场价格。而不够完善的经纪人和转会制度,也让买人更加困难:光有钱不行,还得有人脉。   本赛季回归绿城的程谋义,曾经是俱乐部青训球员。但早在2012年末的时候,�田武史就在俱乐部教练的建议之下,专门飞赴福建观看了程谋义参加的比赛。但最终认为能力不足,没有引进。   但在连年卖人又要保级的关头,引进31岁的程谋义,实是表现出绿城在转会市场的无能为力。末轮遭遇延边的死拼,也让人联想到年初引进陈晓时,和延边俱乐部的纠纷事件。   而延边富德的外援史蒂夫・特拉瓦利,在本赛季26场比赛打进8球。2015年绿城以极低价格将他引进,却又先租后买让给延边。这份人情,恐怕在陈晓转会事件上全部抵消了吧。   我没有评价洪明甫教练组。   因为在保级面前,别想谈什么理想。无论是当年请�田武史,还是后来特鲁西埃下课杨戟救火,还是现在的洪明甫。   每个本土教练都清楚,7个本土球员加1个外援中卫搞好防守,3个高质量外援搞好进攻,便是保级的康庄大道。   没有理想,请什么人执教又能有多大区别呢?   > 9。   我不知道明年绿城会不会打上来,中甲的升级战也很残酷。北京的两支球队以及本赛季没能冲超的大连一方和青岛黄海,都是明年升级的有力竞争者。   绿城降级之后,我的朋友圈被刷屏了。   许多现役的绿城球员和工作人员在发声。杜威、汪嵩、姜波、范晓冬、顾超、杨子等许许多多曾经的绿城球员,也在通过朋友圈批量地鼓励自己曾经的队友和朋友。   我盼望降级的这一天,能成为许多绿城球员和工作人员的痛点,刺激着他们向上迈进。不仅是降级或冲超的痛点,而是他们各自职业生涯的痛点。   写下这一篇非常费劲,在几乎没有查任何资料的情况下,我花了整整6个小时。写了又改、改了又删、删了又写。   我承认,由于2012-2013这两年频繁的跟队采访,我对这家俱乐部和这支球队有着比较特殊的感情。甚至球队封闭时,我仍能被允许一边看着整堂训练课,一边做着笔记。这让我有机会更好的观察之后的比赛,训练的内容到底有多少打出来了。   这不是吹嘘,这是相互之间基于职业道德的信任。   但这让我在目睹他们降级之后,一时间难以恢复冷静的状态。我确信,这篇文章的内容,仍是我努力站在客观立场上写就的。   如果还有一点点私心的话,我真的希望绿城尽早返回中超。   如果你看完这篇文字,还有多余时间的话。   那就看看接下来的照片吧,这都是绿城的球迷们发给我的,关于今年他们看球的种种:   最后,是一张看起来很普通的照片:   @不会打bin嘣:   这是对申花比赛结束后绿城的小野刚教练带着替补球员练习的画面,当球场还充斥着两地球迷的相互攻击,当广播里说着散场注意安全,当谢场的谢场散场的散场,他们还在来回不停的跑。。。。。。   (完)   (声明:本文仅代表作者观点,不代表新浪网立场。)相关的主题文章: