マイクロ高圧反応釜にインストール完成後に注意した七細かい詳細|マイクロ高圧反応釜にインストール完成後に注意した七細かい詳細

マイクロ高圧反応釜にインストール完成後に注意した七細かい詳細

マイクロ高圧反応釜でインストールが完瞭し、使用操作の前に、やはりいくつか細い点は注意が必要で、これらの詳細はも比較的に忘れやすい、小さな私達は探してみるこれらの詳細:|

|いち、反応釜インストール完瞭後、水ジャケット内注にオイル。冷却潤滑機シール、寿命を延長する。|

|に、手で回転反応釜電機扇風機が回転翼も、、柔軟、オイル漏れのないこと。|

|さん、反応釜頑張り時からカップ内を見てて、オイラー内に油で。|

|よんしよ、反応釜減速機の試運転に入り、46 #タービン油潤滑、減速機運転にじゅう日後初のオイル交換、以降は半年に一度のオイル交換、オイル交換の時を開いて油ナットで。|

|ご、条件が整えば、反応釜水ジャケット通水循環を冷やして(使用温度が高くない情況の下でもなく、冷却水は低い)に高い。|

|ろく、お反応釜釜の蓋時、例えば工場高度は高いが、モータや減速機を取り外し|

|ななしち、分解反応釜電機時、4つのボルトに外れて、偏平な打翅またはダイヤルでの方法を外す。減速機の方法を解体して、それの高度を下げることができます。「ボルトとステントの接続部のボルトは取り外し、ステントカップリングの4つボルトをはずし、一緒に持ち、設備検査が終わってから、また、それを接続します。そして手で扇風機を回す翼、かどうかを見て回る柔軟ず、響後使用(注:満タンにオイル)。